記事

葬儀の会葬者の人数が全く見当がつかないという方へ【事前相談見積り】

葬儀費用をお見積りする上で大切なことは、会葬者がどのくらいになるか把握することです。

それによってお葬式の規模がある程度決まり、おおよその葬儀費用をお見積もりすることができます。

おおよその見積もりができて全体的な金額がある程度わかると、葬儀費用の不安が解消できて、心の負担も軽減できるかと思います。

おそらく、「全く見当もつかない」という方もいらっしゃると思いますので、会葬者の人数を予想する基本的な方法を紹介したいと思います。

会葬者の人数を予想する手順

まず紙とペンをご用意下さい。

頭の中だけで考えるときちんとした予想が立てにくくなります。紙に書いて整理しましょう。

このような表を書いてみましょう。

故人の友人・知人 喪主様の友人・知人
故人の勤務先(現役の場合) 喪主様の勤務先(現役の場合)
故人の近所の方 喪主様の近所の方

上記のほかに項目(喪主様以外の家族の交友関係など)が思い当たる場合は追加して下さい。

それぞれの項目に人数を予想して記入してみます。

ただ頭の中だけで「だいたいこれくらいだろう」と計算するよりも根拠のある数字がでるはずです。

事前相談等で葬儀会場選びの判断基準に

会葬者の人数をある程度見積もることができたら葬儀会場を決めるとき参考になります。

会場・ホールによって収用人数が変わりますので、葬儀社と事前に打ち合わせておくことで最良な会場選びができます。

ほとんどの葬儀社において、会葬者の人数が予測できれば「会場選び」「会葬用品の数」と、葬儀費用の大きな割合を占める項目を決めることができ、葬儀費用の総額のおおよその見当がつきます。

※全生花祭壇などの追加オプションをご希望の場合は、葬儀社にオプションの金額を事前に尋ねておくことも大事です。

もしもの時に、「葬儀費用が全く予想できない」ということは、焦りや不安を招き、正常な判断ができないかもしれません。

市民斎場・町民斎場では「無料事前相談」も行っておりますので、早めにご相談されることをおすすめします。

事前相談窓口

市民斎場:☏0965-39-8333/受付時間:午前10:00~午後5:00
町民斎場:☏0965-58-2581/受付時間:午前10:00~午後5:00

市民斎場の葬儀プランをみる
町民斎場の葬儀プランを見る
御供花のご注文はこちら
想い出のお写真スライドショーについて
実際にご利用頂いた「お客様の声」
火葬場・火葬料金について

関連記事



2019年10月
« 6月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

最近の記事

ページ上部へ戻る